防犯カメラ/ネットワーク監視の防犯対策相談所

防犯カメラや防犯対策をお考えのお客様に、万全の防犯カメラ対策方法とクオリティの高い防犯カメラ・ネットワーク監視をご紹介します。

<<ポート開放設定  | ホーム | 防犯カメラのネットワーク設定>>

スポンサーサイト 

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電気工事士が防犯カメラ設置 

2016.09.08

工事イラスト

防犯カメラ設置工事は
電気工事士が設置工事を行います
設置工事や無料見積もりは防犯カメラのSLSまで
お気軽にご連絡ください


第一種電気工事士

(1)第一種電気工事士免状の取得者が従事できる業務

a. 次の電気工事の作業に従事することができます。
1. 自家用電気工作物のうち最大電力500キロワット未満の需要設備の電気工事
2. 一般用電気工作物の電気工事

b. 自家用電気工作物で最大電力500キロワット未満の需要設備(工場、ビル等)を設置する事業者が主任技術者を選任する際に、産業保安監督部長等の許可を受ければ、電気主任技術者の免状がなくても主任技術者となることができます。(一般にこれを「許可主任技術者」と称しております。)

 ただし、この許可の手続きは、免状取得者本人がこのような事業場に勤務している場合に事業者が電気事業法に基づき行うもので免状取得者本人が行うものではありません。



(2)第一種電気工事士試験の合格者(免状未取得)が従事できる業務

a. 簡易電気工事については産業保安監督部長等に申請して認定電気工事従事者認定証の交付を受ければ、第一種電気工事士試験の合格者は免状を取得していなくてもその作業に従事することができます。


第二種電気工事士

第二種電気工事士免状の取得者が従事できる業務

a. 一般用電気工作物の電気工事の作業に従事することができます。

b. 免状取得後3年以上の実務経験を積むか又は所定の講習を受けることにより産業保安監督部長等から認定電気工事従事者認定証の交付を受ければ、簡易電気工事の作業に従事することができます。

c. 自家用電気工作物で最大電力100キロワット未満の需要設備を有する事業場(工場、ビル等)を設置する事業者が主任技術者を選任する際に、産業保安監督部長等の許可を受ければ、電気主任技術者の免状がなくても主任技術者となることができます。(一般にこれを許可主任技術者と称しております。)











スポンサーサイト

トラックバック

http://bellbrand.blog.fc2.com/tb.php/548-bbfd8073

 | ホーム | 

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。